MENU

ドラッグストア薬剤師の仕事

ドラッグストアで働いている薬剤師さんのお仕事は、お薬を買いに来たお客さんに的確なアドバイスをしてあげたり、不明点について教えてあげたりという仕事に加えて、商品の陳列や整理なども行いますし、処方箋を受け付けているドラッグストアであれば、お薬の調合や用意も行います。

 

ドラッグストアには登録販売士さんがいることが多いですが、より的確なアドバイス、そしてお薬についての詳しい知識を持っているのは薬剤師さんなので、薬剤師さんがいるドラッグストアは安心して利用することができます。

 

 

市販されているお薬で同じようなものがあって価格がかなり違う場合、どうしてこんなに価格が違うのかとか、成分に何か違いがあるのかとか、より早く効いてくれるのはどっちなのか、とかそういった質問はとても多いです。

 

 

もちろん全ての質問にきちんと答えがあるわけではないのですが、薬を選ぶ参考になるように説明を受けることができます。

 

 

調剤薬局も兼ねている場合は、病院で処方されたお薬についての説明をしっかり聞けますし、分からないことがあれば電話で聞くこともできます。

 

調剤薬局を兼ねているドラッグストアの場合は、別に調剤受付のカウンターが用意されていることが多いので、薬剤師さんはそこにいることがほとんどで、店頭のレジにはあまりいません。

 

もし何か聞きたいことがあれば、調剤されている場所に質問に行ってみてください。

 

登録販売士さんよりも詳しく丁寧な説明が受けられると思います。

 

ドラッグストア薬剤師求人はこちら